コラム

バレンタインデーもコワーキングスペース C-Point(シーポイント)でお待ちしております

valentine

こんにちは!コワーキングスペース C-Point(シーポイント)のスタッフ大場です。

2月14日と聞いて皆さんはどんな事を思い描きますか?

甘くておいしいチョコレートでしょうか。それとも甘酸っぱい青春の1ページでしょうか。それともお母さんからもらったチョコは数としてカウントしていいか悩んだあの日を思い出すでしょうか?

今回はそんな素敵なバレンタインデーにちなんだ記事となっています。

そもそもバレンタインデーってなに?

そんな事をふと思い調べてみました。

バレンタインデー、または聖バレンタインデーとよばれ、世界的には2月14日に世界各地でカップルの愛の誓いの日とされています。

始まりは諸説あるようですが、、最も有名なのは聖バレンチヌス司教に由来する節のようです。

ローマ帝国で、ある皇帝が若い兵士たちの結婚を禁じて、軍隊としての士気を高めようとしていました。若者の達の愛を哀れに思ったバレンチヌス司教は、人間性に反するとこっそりと結婚式を取り行っていました。それを耳にした皇帝は激怒し、司教をローマ宗教に改宗させようとさせましたが、バレンチヌス司教は愛の尊さを説き抵抗を続け、その結果、2月14日に処刑されてしまいました。後に人々は彼の勇気ある行動に感動し、恋人の守護神としてまつるようになり、2月14日を聖バレンタインデーと呼ぶようになったと言われています。

愛を貫き力に屈しない・・・なんとも素敵なエピソードですね。

C-Point バレンタインイベントの画像

どうしてチョコなの?

valentine

そういえば、どうしてバレンタインデーにはチョコを送るようになったのでしょう?私の好きなチーズケーキでもなく、私の好きな味噌ラーメンでもないなんて・・・

調べてみると、諸説ありますが、始まりは神戸の洋菓子店だと言われています。

当時、神戸の大手洋菓子店はバレンタインデー用にチョコレートを作り、販売をしようとしていました。バレンタインデーの前から新聞で広告を載せており、その時のキャッチコピーが「あなたのバレンタイン(=愛しい人)にチョコレートを贈りましょう」であったため、チョコの文化が広がったため、チョコを渡す文化の最初の仕掛け人であると言われています。企業の広告が始まりだったのですね!

今や広告ビジネスがはびこる中、知らない間に私たちの常識や習慣が塗り替えられていくことがあるかもしれません。

最近のチョコ事情

女の子から頂くチョコは全て本命チョコなのだと最近まで思っていましたが、実はチョコの種類も沢山あるようで・・・私と同じ勘違いをしないように、今日は特別に皆さまにご紹介します!

  • 本命チョコ・・女性から男性に愛の告白として贈るチョコ
  • 義理チョコ・・恋人ではなく友人へのプレゼントとして贈るチョコ
  • 友チョコ・・同性の友達同士で贈るチョコ
  • 逆チョコ・・男性が女性に愛の告白として贈るチョコ
  • マイチョコ・・自分で自分の為に買って楽しむチョコ
  • ファミチョコ・・家族に贈るチョコ

などなど。令和の時代はまた種類が増えそうですね。いずれはAIチョコなんてものも出来たりして。

年に1度の素敵な愛を称える日。それがバレンタインデー。どんな形であれ皆様にとって素敵な1日になる事をキャビンインスタッフ一同心より願っております。


2月14日当日はコワーキングスペース C-Point(シーポイント)ご利用の方およびCABIN INN (キャビンイン)姫路駅前に宿泊の方に、素敵なプレゼントをご用意していますので、どうぞ皆さま足をお運びくださいませ。

それでは次回の記事をお楽しみに!

コワーキングスペース C-Point(シーポイント) マンスリー会員募集中
コワーキングスペース C-Point(シーポイント)ではマンスリー会員を募集しています。
24時間利用可能で好きな時にご利用できるほか、ミニロッカーもついており荷物を置いておくことが可能です。
利用料金は1カ月あたり
全日プラン: 14,980円
平日限定プラン: 9,800円
土・日・祝日限定プラン:7,980円
月に多くご利用する方にはドロップインよりとってもお得です。
オプションもたくさんご用意していますので詳しいご案内もご覧ください。
https://cabin-inn-cpoint.jp/service-monthly/
お申し込みはフォームで承っております。
https://cabin-inn-cpoint.jp/form2/